税理士試験

裁判所

税理士試験の受験資格

税理士になるためには国家試験に合格する必要があります。 普通、試験といいますと、全ての科目を同時に合格しないといけないというイメージがあるともいます。 しかしながら、税理士試験においては、科目合格制という制度が設けられています。これは、一気に全科目合格しなければいけないというわけでなく、受験した回で合格した科目については、次回の試験で受験する必要がないというものです。 たとえば、1回目に簿記論を合格すると、その効力は全科目合格まで有効で、2回目は簿記論の合格は有効のまま、所得税法などの科目を受験することができるわけです。 ですから、1年で合格を目指すことも可能ですが、数年かけて計画的に受験に臨むことも可能であるわけです。

予備校を活用した受験対策

とはいっても、税理士試験は国家試験だけあって難関です。ですから、独学で樹勉強するというのはなかなか難しいものであるといえます。 そこで活用すべきものは予備校です。予備校は、長年受験対策に携わっていることから、試験に出る内容や傾向なども分析していますから、それを活用しない手はありません。また、先ほど科目合格制について説明しましたが、1年合格でも、数年かけての合格でも、予備校を活用してプランをしっかり作成して実行することも可能であるわけです。 税理士試験の特徴をしっかり活用して、自分のライフスタイルなどに応じて受験できるのが他の試験と違うところで、その点を意識して予備校を活用するなどして勉強していくといいですね。