交通事故のトラブル

人形と本

保険会社の言いなりになってはダメ

交通事故被害者の受け取る賠償金は、何もしなければ、理不尽であると言い切れるほど少ないことが一般的です。加害者側の保険会社からすれば、できるだけ低い賠償金で抑えることが会社の利益になるからです。自賠責保険並みだと言われることもあります。ただでさえ、賠償金が少ないのに、症状がむちうちだけならもっと理不尽な扱いを受けます。むちうちは画像では判断できません。レントゲンを撮っても、MRIの画像診断をしてもむちうちは、わかりません。そのため本人が症状をいくら訴えても、診断書に反映されないこともしばしばです。むちうちの症状は、半年たっても回復しないにもかかわらず、後遺障害として認定すらしてもらないことが多々あります。

むちうちで苦しんでいても、後遺障害の非該当となることも

たとえ、保険会社から通院費が出たとしても半年ほどで打ち切られることもあります。自費で整骨院などに通い続ける人も多いようです。しかし、たとえ交通事故から数か月経過していたとしても、諦めないで交通事故問題に強い弁護士に相談してください。認定してもらえなかった後遺障害も、等級認定を受けることができるかもしれません。実際に、交通事故問題に取り組む弁護士事務所のホームページには、そのような事例がたくさん紹介されています。後遺障害非該当だったものでも、等級認定され逸失利益の積算を行った結果、納得のいく賠償をしてもらえた例などが紹介されています。治療費だけでも大変なのに、弁護士費用までは、とお金の心配をする人もいるかもしれません。しかし弁護士費用は成功報酬制ですので着手金は不要で、保険会社から受け取る賠償金の中から、費用を差し引きますので安心してください。