離婚の慰謝料

説明

慰謝料の相談を専門家にする人が多くなっています

 離婚する際には必ず慰謝料の支払いが発生するものだと思い込んでいる人が少なくありませんが、決してそうではありません。そもそも慰謝料は何らかの損害を賠償するために支払われる金銭ですから、損害が発生していなければ慰謝料も当然発生しません。たとえば、夫婦双方が性格の不一致を理由にして合意の上で離婚するようなケースであれば、慰謝料の支払いが発生する余地がありません。現実的なことを考えると、一方配偶者の不倫が原因で離婚するような場合に慰謝料が支払われるようになるケースが多いです。最近、実際に離婚するかどうかまでは決心がつきかねているものの、とりあえずいくら位の慰謝料を請求できるのかを知りたいと言って法律事務所を訪れる人が多くなっています。離婚後の生活を考えてのことなのでしょうが、あまりにも金額が低いので驚いてしまう人が少なくありません。

離婚絡みの相談は弁護士が一番です

 離婚問題で悩んでいる人が、探偵や心理カウンセラーなどに相談するケースがしばしば見られます。誰かに話を聞いてもらえるだけで十分だと考えているのであれば、探偵や心理カウンセラーへの相談にもそれなりの意味があると考えることができます。しかし、真剣に離婚したいと考えている場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのが一番です。たとえば配偶者の不貞や暴力などで長い間苦しめられてきたという場合であれば、相手に慰謝料を請求することができます。しかし、この請求にすんなりと応じてくれる人はそう多くありません。そもそも離婚すること自体を拒否してくるケースが多いなので、自分一人で頑張り続けるのは大変です。でも、弁護士に相談すれば、法的に有効な手段を講じてくれますので、離婚問題から早く解放されることができます。